SIM 比較

SIMフリーの格安スマホを使う場合の

自分の利用状況に合う料金プランや用途別にどんな組み合わせをすれば良いか?など

選び方をまとめています。


ライトユーザー

利用状況:通話、データ小

主なユーザー:小学生〜大学生、会社員、主婦、シニア

用途:アプリ、WEB

利用者の割合:約55%

おすすめプラン:データ通信SIM(1GB〜3GB)

価格比較:1,000円前後

 

ミドルユーザー

利用状況:通話、データ並

主なユーザー:大学生、会社員、経営者

用途:アプリ、WEB、通話

利用者の割合:約40%

おすすめプラン:音声通話SIM(3GB〜7GB)

価格比較:2,000円前後

 

ヘビーユーザー

利用状況:データ大量、通話

主なユーザー:会社員、専門職、趣味利用

用途:アプリ、WEB(動画)、書籍、音楽

利用者の割合:約5%

おすすめプラン:データ通信SIM、複数SIM併用、LTE無制限

価格比較:3,000円前後

 


※1GBの目安/月(ソフトバンク公式より)

  • メール2,000通
  • サイト閲覧3,500ページ
  • 動画視聴4時間30分
  • 音楽ダウンロード250曲

 

まとめ

スマホユーザーの多くがライトユーザーとのことで、

月3GB未満のデータ通信料で収まっていることが多いようです。

 

つまり。。。

格安スマホにすると今までと同じ感じで料金の節約が可能に!

 

管理人の私もチェックしてみたら、ライトユーザーの範囲でした。

ちなみに日々の利用状況は

  • 電話はほとんどしない。(月1時間以内。笑)
  • サイト閲覧はほぼ毎日する
  • 動画はyoutubeをたまにみる程度
  • アプリでのゲームもたまに(月3時間くらい。)

 

スマホでのサイト閲覧はかなりしているほうかと思いますが

1GBで3500ページもいけるなら、全然問題なさそうですね。

 

動画も見るとすれば、PCのほうが多いですし

唯一危ないのが、外出中の音楽再生(動画視聴にあたる)でしょうか。

ジョギングが趣味なのでその時に(いらない情報ですね、すみません。笑)

 

まとめますと

スマホユーザーの大半がライトユーザーであり、月3GB未満のデータ通信で十分。

また、IP電話利用、Wi-Fiスポット併用等でパケット通信料の節約をすれば

ほとんどのユーザーがライトユーザーと同程度の格安プランで利用可能。

 


© 2016 SIMフリー rss